主婦でも借りれる!

主婦がお金を借りるには

パートやアルバイトをしている主婦の方、または専業主婦で個人に収入がない場合でもキャッシングでお金を借りる方法はあるのでしょうか?
また、勤め先にバレたくない、夫に内緒にしたい・・・といろんな事情があると思います。

 

そこで!困ったときのための主婦でも借りれる消費者金融を調べました(*>ω<*)

すぐにお金を借りるために

主婦がお金を借りる

収入がない専業主婦でも、カードローンの申し込みはできます。
なぜかというと、配偶者の収入が証明できればいい、というルールがあるからです。
配偶者である旦那さんが同居しているということを住民票などで証明し、夫の年収を源泉徴収票などで証明できれば、それでOKということです。
ここではそんな専業主婦のカードローンの審査について詳しく書きます。

 

 

具体的にいくらまでOKなのか

これは多少会社によって違いますが、旦那さんの年収の3分の1が目安です。
これは総額規制というルールによるもので、専業主婦が借りる場合だけでなく全ての人がカードローンなどの審査を受けるときに共通するものです。
ただ、本人ではなくあくまで配偶者ということで、少し厳し目になるかも知れません。
なので、あくまでこれは目安にしていただけたらと思います。
また会社によって独自のルールや方針があったりします。

 

 

どこのカード会社でも大丈夫なのか

これも例外はあるかも知れませんが、基本的にどのカード会社でも専業主婦の方でも審査に通ります。
そもそもそれで審査に通らないというなら、カード会社は日本人の3分の1くらいの人数を顧客として確保できないということになるわけです(大人の三分の一という意味です)。
なので、専業主婦でも借りられるというのはある意味当たり前のことなのです。

 

 

パートやアルバイトをしている場合

これはもちろん、さらに借りやすくなります。
自分の収入だけで借りられるレベルになると、もはや専業というのかわかりませんが、とりあえず自分一人の年収で借りる場合も、その年収の3分の1まで借りることができます。
専業主婦の方の場合、大体103万の壁を超えないように働いているはずなので、目安としてはだいたい限度額30万円というところでしょう。
これだけあれば大抵の買い物はできるはずなので、これで問題ないと思います。
いずれにしてもあまり借りすぎず、返済できる範囲にしましょう。


お金を借りる方法


お金を借りる方法はいろいろあります。
一番手っ取り早いのはアコム、モビットなどのカードローン会社からするキャッシングですが、他にも生命保険の契約者貸付制度から借りる、銀行から借りる、などの方法があります。
ここではこれらのすべてのお金を借りる方法のメリットやデメリットをまとめます。

 

銀行から借りる方法の長所・短所

これはなんといっても「金利が安い」ということ。
何となく常識として、誰もが知っていることでしょう。

 

どのくらい安いかは借りる金額にもよります。
たとえば住宅ローンのように数千万レベルで借りる場合、限りなく安くなります(一時期の日本はゼロ金利に近いくらいでした)。
このように、一概に何パーセントとはいえないのですが、とりあえずキャッシングより相当安いのは確かです。

 

代わりに審査も厳しく、用途もかなり制限されます。
住宅ローン、教育ローン、自動車ローンなど、割と真面目な使い道にしか許可されていません。

 

 

生命保険の契約者貸付のメリット・デメリット

生命保険の種類によっては「契約者貸付」という制度があります。
いざという時、いくらまで貸し出します、というものです。

 

ただ、これも「いざという時」にふさわしい用途でないと貸してもらえません。
具体的な内容は保険会社のルールや先例によっても異なりますが、「困っていて、致し方ない状況」というものしか、基本許可されないと思ってください。
「美容院に行くのにお金が足りない」とか「飲み会のお金が足りない」などの場合、率直に言ってもNGになることが多いです。

 

 

キャッシングで借りるやり方の長所・短所

これは何と言っても「審査が簡単」ということ。
決してゆるいとかいいかげんというわけではないですが、年収や職業、借入総額など、必要な条件さえ満たしていれば、問題なく審査に通ることができます。
それに、これらの数字に問題のある方の場合、キャッシングにかぎらずどこでも融資の類は通らないですから、これは別にキャッシングのデメリットではありません。

 

逆にデメリットと言えるのは、金利が高いということ。
一般的な金額の場合は、大体年率18パーセントになります。

 

ほとんどの用途の場合は、キャッシングがおすすめ

このようにまとめると、ほとんどの用途の場合(急に何かで必要になった)というケースの場合、カードローン会社のキャッシングが一番いいということがわかります。
特にアコムやプロミスなどは最初の30日間は無利息なので、利息という最大のデメリットも帳消しにできます。